「特定技能制度」外国人受け入れ枠 飲食料品製造業など拡大へ えっ? 2022.8.21

*********************************************************************************************

www3.nhk.or.jp

2022年8月21日

人手不足を解消する「特定技能制度」の外国人の受け入れ枠について、政府は、新型コロナの影響を踏まえ、外食や宿泊業で縮小する一方、冷凍食品や総菜を作る飲食料品製造業などでは拡大する方針です。

人手不足を解消するため、3年前に導入された在留資格、「特定技能1号」の外国人は、介護や建設など12分野が受け入れの対象で、総数の上限は5年間で34万人余りとなっています。

この受け入れ枠について、政府は、新型コロナの影響を受けて、大きな経済情勢の変化が生まれたとして、総数は変えず、分野ごとに見直す方針です。

見直しの方針案では、外国人材の需要が停滞している、「外食業」は2万人余り減らし3万人余りに、「宿泊業」は1万人余り減らし1万人余りとなっています。

一方で、いわゆる巣ごもり需要が続き、総菜や冷凍食品などの消費が増加しているため、「飲食料品製造業」は5万人余り増やしておよそ9万人となっています。

また、世界的な半導体需要の増加などを背景に、「製造業」で、外国人材の需要が高まっているとして、2万人近く増やしておよそ5万人となっています。

政府は、今月中に方針を閣議決定することにしています。

 

*********************************************************************************************