卓球、柔道、馬術の3団体 LGBTQなど性的少数者への差別的な言動を防ぐ規定新設 はあ? 2022.8.8

*********************************************************************************************

www.sankei.com

2022/8/8 

昨夏の東京五輪パラリンピックで実施されたスポーツの国内競技団体(NF)のうち、卓球、柔道、馬術の3団体が東京大会を機にLGBTQなど性的少数者への差別的な言動を防ぐ規定を新たに設けたことが8日、共同通信のアンケートで分かった。

アンケートは7月中旬までに、五輪・パラで行われた競技を統括する54団体を対象(53団体が回答)に実施。これによると、全日本柔道連盟は、倫理・懲戒規定の違反行為に「性的指向性自認等に関連したハラスメント」を追加。日本卓球協会は「多様性検討チーム」を新設し、新規定も策定したという。

性的少数者に関する相談窓口は37・7%(20団体)が「設置を検討中」と回答。18・9%(10団体)が「これまでに性的指向性自認、性別変更などの相談があった」と答えた。一方で「研修会や勉強会の実施は検討していない」は49・1%(26団体)だった。

 

*********************************************************************************************