外国人3人死傷 刃物で死亡、多数の刺し傷も… カンボジア籍 2022.6.1

**********************************************************************************************

news.yahoo.co.jp

2022.5.28

千葉県富里市七栄の2階建てアパートと近くの路上で男性3人が死傷していた事件で、県警は27日、遺体で見つかった2人を千葉大司法解剖した結果、死因は刃物で刺されたことによる外傷性ショックと心臓損傷だったと明らかにした。同アパート敷地内から凶器とみられる刃物が見つかった。県警は同日、殺人事件として成田署に50人態勢の特別捜査班を設置したと発表した。特捜班は、重傷を負い病院で治療中の男性が経緯を知っているとみて、回復を待って詳しく事情を聴く方針。

 特捜班によると、死亡したのはいずれもカンボジア国籍で職業不詳、同アパートに同居するチャット・チットさん(20)とモン・サメットさん(25)。司法解剖の結果、死因はチャットさんが外傷性ショック。モンさんが心臓損傷だった。いずれも刃物で刺されたような痕が複数あった。

 特捜班は、何らかのトラブルがあったとみて、重傷の男性の身元や死亡した2人との関係性を調べている。

 富里市教委は27日、同日朝までとしていた市立小中学校全10校の部活動の中止期間を29日まで延長すると明らかにした。引き続き教員が登下校時の見守りを行い、保護者や地域住民にも協力を求める。

 事件は26日未明に判明。同アパートから約70メートル離れた路上で午前2時45分ごろ、トラック運転手が「男性が飛び出してきて倒れ込んだ」と110番通報。男性は上半身裸で出血しており、病院に救急搬送された。駆け付けた同署員が同アパート1階玄関前と室内で2人の遺体を見つけた。

 

**********************************************************************************************