政府は現在も共産党を破防法の調査対象団体に指定 『敵の出方論』は危険 2022.3.29

**********************************************************************************************

www.sankei.com

2022/3/24

 

政府は現在も共産党破壊活動防止法の調査対象団体に指定している。ある公安関係者は「戦前から党の性質や内実が一貫していることに尽きる。『分派のやった行為だ』と主張しても内部対立の結果であり、その指向性に大差はない。『敵の出方論』を放棄していないのが決定的だ」と説明する。

共産党が使用してきた「敵の出方論」を要約すれば、共産主義実現のため「敵の出方によっては暴力革命を行う」との考えだ。かつてソ連で革命を実現したレーニンが「国家と革命」(1917年)で「プロレタリア国家のブルジョア国家との交代は、暴力革命なしには不可能である」と主張したように共産主義の本質を表す用語だ。

共産党は昭和36年の綱領改定以降、使用してきた。昨年9月の第3回中央委員会総会で、「誤解」を避けるため不使用を決めたが、理論的に誤りだと認めたわけではない。

 

**********************************************************************************************