世田谷一家惨殺事件  犯人逮捕に至らない理由は? 政治の闇? 2022.1.1

**********************************************************************************************

blog.goo.ne.jp

2016年12月31日 

世田谷一家惨殺事件、Mの悲劇

事件は、今から16年前、2000年12月30日午後11時30分頃、年の暮れに起こった。
まことに微力ながら、この事件を書き続けることが、この恐るべき宮沢家・惨殺事件を風化させない為に、せめてもできることだと思っている。
そして動かぬ物的証拠をつかんでいながら、なぜ警察は沈黙を守るのか。
ジャーナリストの斉藤寅が、執念で追い詰めた真犯人と事件の真相を著した力作「世田谷一家殺人事件」(2006年6月発刊、草思社)がある。

犯人は宮沢さん一家4人を無慈悲に惨殺した後も、そのまま宮沢家に居座り、翌朝の大晦日の朝、午前10時頃、玄関から出て行った。
惨殺された宮沢みきおさん一家は、主人のみきお(当時44歳)、東大卒の外資経営コンサルタント会社員、妻の泰子(41歳)、長女・にいな(8歳)、長男・礼(6歳)の4人暮らしだった。そして隣家には(みきお)さんの父母が住み、どこにでも普通にある家庭環境であった。
さて、この事件の核心部からずばり述べたいと思う。


★犯人のプロファイル:
犯人は韓国人の男、名前は韓(ハン)。犯行当時は20代、16年経った今は40代と推察する。写真から割り出した犯人の当時の特徴は、細面、頬はこけ、三白眼、髪は無造作、唇は薄く目の下の隈が目立つ。

★犯人とする物的証拠、
宮沢家の現場に残された指紋と、ハンが大阪で住んでいた木造アパート内に残されていた指紋が一致。そのアパートの借主は韓国人のハンと判明。さらにハンが日本に来る前に住んでいたソウルの団地の部屋に残された指紋と一致した。

★状況証拠
1)犯人が現場に残した靴跡から、犯人のシューズは韓国製スラセンジャーと判明。
そのサイズ28センチは韓国内でしか販売されていなかった。

2)犯人が残した迷彩色のヒップバッグ(韓国製)の中から採取されたチタン製バリウムという化学物質は、触媒や電子部品(携帯電話の部品、コンデンサー)の塗装に使われるが、工場や研究所などの特定の場所でしか使われていない。この化学物質を製造する工場は九州に多い。ハンは九州のある大学に留学していたと見られることから、化学工場でアルバイトをした際に付着したものと思われる。

そしてハンの犯罪仲間であった複数の中国人も、その化学工場でアルバイトをしていたことが分かっている。

3)犯人のハンは宮沢家の惨殺現場で大の排泄をしている。その排泄物には消化されなかった松の実が混じっていた。松の実は韓国料理によく使われる。
(例えば参鶏タン)

4)ハンは宮沢みきおさんと格闘になり、犯人も手に傷を負い出血した。(ハンの血液はA型、宮沢さん一家にA型はいない)。

その際、犯人は自ら止血を行ったが、その方法は軍隊で用いる止血用ラテックスが使われた。そのラテックスの粉末を現場で採取。つまり徴兵制の国、韓国での軍隊経験があった。

5)現場に残された犯人のA型血液のDNA鑑定による人種分析が行われた。その結果、朝鮮系のDNAに分類されると判定された。

6)アジア系犯罪集団に属するメンバーの証言によれば、ハンは犯罪グループの中心的メンバーであり、他のアジア系外国人に対して仲間になるように勧誘を行なっていた。

★犯行の動機。
犯罪集団の情報網によると、宮沢家には金塊(インゴッド)が隠されている情報を得た。そのインゴッドを奪取するのが目的だった。

★犯行グループの実態。
韓国人のハンがリーダーになり、中国人留学生を仲間に引き入れた犯罪グループ。
その後、日本の資産家を襲った複数の強盗殺人事件は、中国人と韓国人の混成グループであることが明らかになっている。

 

( 以下略 )

 

**********************************************************************************************

**********************************************************************************************