拉致は「完全に終わった」北朝鮮が岸田総理に反論 ふざけるな 2021.10.8

**********************************************************************************************

www.msn.com

 2021/10/08 テレビ朝日


北朝鮮外務省は、岸田総理大臣が拉致問題の解決に言及したことについて、「完全に終わった問題」だと反論しました。 北朝鮮外務省は7日、ホームページに「言葉を慎む必要がある」と題した日本向けの論評を掲載し、拉致問題を「我々の誠意と努力で完全に終わった問題」とする従来の考えを繰り返しました。 そのうえで、岸田総理が就任後に「金正恩総書記と向き合う覚悟だ」などと述べたことに対し、「真意を疑わざるを得ない」と批判しています。 北朝鮮が岸田政権について言及するのは、今回が初めてです。 さらに、日朝関係の基本は「日本による謝罪と賠償」だと強調し、「最初のボタンを掛け違えばさらに濃い暗雲に陥る」と警告しました。

 

**********************************************************************************************