幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会 加藤圭木一橋大学准教授 ウソ教えないで 2021.7.25

f:id:superred:20210728092927p:plain

(1) yonhapnewsさんはTwitterを使っています 「韓流ファンの日本人大学生たち 「ただ文化消費せず歴史と向き合って」 https://t.co/btcAvCIIwm」 / Twitter

**********************************************************************************************

韓流ファンの日本人大学生たち 「ただ文化消費せず歴史と向き合って」 | 聯合ニュース (yna.co.kr)

2021.07.25  聯合ニュース

【東京聯合ニュース

韓流ファンという日本の大学生たちが、韓国と日本の歴史問題を正面から取り上げる本「『日韓』のモヤモヤと大学生のわたし」を出版した。

 一橋大の学部生と大学院生5人は同大社会学部の加藤圭木准教授のゼミ参加をきっかけに、日本の朝鮮半島植民地支配や旧日本軍の慰安婦、徴用など歴史問題を取り扱う本を出した。

 著者たちは自身の経験を交えた本で、歴史をただの過去ではなく、現在の人権問題として考えている。

 聯合ニュースは5人の著者のうち、熊野巧英さん(4年)と朝倉希実加さん(4年)、牛木未来さん(修士1年)、李相真さん(修士1年)と懇談会を開き、話を聞いた。以下は4人との一問一答。

――どのような趣旨で書いたのか。

「(熊野)韓国文化が好きな人に日本と朝鮮半島の歴史を伝えたいという趣旨で書いた。今K―POPが流行っているが、歴史のことはあまり話さない。K―POPファンや韓国ドラマが好きな人にこそ、歴史的事実を伝えたかった」

――この本を書いたきっかけは。

「(牛木)去年ゼミで自分たちも含めた歴史認識の問題を考えるようになった。植民地時代の日本人の朝鮮認識に関する本を読み、現代と同じだという話をした。文化のみを消費して自分の加害性に向き合わないことの問題性をどうやったら分かりやすく伝えられるかと話し合った結果が本の出版だった」

「(熊野)自分の場合はK―POPがきっかけで韓国、朝鮮半島に興味を持ち始めたが 、韓国文化が流行っているのに歴史のことを言わない事にモヤモヤした。それこそ『愛の不時着』が流行っているが(朝鮮半島の)分断の話をしない。その中で、大学生、若者視点で入門書を作るのもいいのではないかという話が出た」

――普段から日本と韓国の関係に疑問を持っていたか。

「(朝倉)高校の時日本史を選択していて、好きな科目だった。当時、テレビのニュースでは日韓関係の悪化ということが報道されていた時期だった。何で関係が悪化しているのか、ということについて日本史の授業だけではよく分からない状況にいた。加藤圭木先生の授業を受け、勉強してから報道を見ると偏っていると思うようになった。しかし、高校の授業だけを聞いていても分からない。最近、慰安婦や徴用工の裁判があったが、テレビのコメンテーターのコメントを見ていると植民地主義的だと感じる」

「(熊野)若い人たちが韓国文化を通して韓国に対する印象が良くなっていけば歴史の問題は解決するという話を聞く機会があったが、やはりそれは違うと思った。やはりみな歴史に向き合うべきではないかということがゼミに入るときや入門書を書くときの関心事だった」

――どういった人にこの本を読んでほしいか。

「(熊野)韓国の文化が好きな人、K―POPや韓国ドラマが好きな人に読んでほしい。文化だけでなく歴史をみてほしい」

「(李)韓国では日本は嫌韓だという認識が広がっていると思う。だがその一方で、こういうふうに悩んでいて、語ろうとしている人たちがいるということを韓国人に伝えたいという思いがある」

――予約開始からツイッターで大きな反響を呼んだ。それまでアマゾンの「朝鮮半島のエリアスタディ」部門では歴史修正主義者らの著作が上位を占めていたが、5月31日に1位となり、現在もトップ10に入っている。

「(牛木)びっくりした。ツイッターでBTS(防弾少年団)のファンが『これずっと疑問に思っていたけど、なかなか言い出せなかった』とツイートしているのを見て、言葉にすることは大事だと思った」

「(熊野)若い世代を意識して作ったのだが、想定していなかった世代からも反応が大きかった。そういう人たちも同じようにモヤモヤをずっと抱えて生きてきたのだと思う」

――現在、韓日関係は厳しい状況にある。慰安婦や徴用問題では歴史修正主義者らの主張が社会にまん延している。「平和の少女像」を展示する表現の不自由展にも執拗な妨害行為が行われている。

「(熊野)戦後最悪の日韓関係だと言われるが、根本的に日本人の歴史認識の悪化があると思う。戦後最悪なのは、日本人の歴史認識だ」

――その一方で、K―POPアーティストが人気を博し、報道される韓日関係とズレが生じているようにも思えるが、このような現象をどのように考えるか。

「(朝倉)K―POP好きな自分と日韓関係は関係なく、政治と文化は別だと考えてしまっている人が多いから、日韓関係は悪化しているけどK―POP好きは増えるという状況が起きてしまったと思う」

「(熊野)もちろんK―POPが悪いという話ではない。文化を楽しみながらもただ消費するだけでなく、歴史に向き合うということは両立できる。それを目指していきたい」

――韓国に向けて伝えたいメッセージはあるか。

「(李)個人的には韓国の歴史認識は『韓国史』に限られていると思っている。本書ではそれを超えて『朝鮮半島の歴史』を書いている。韓国社会の中でも韓国と日本だけでなく、朝鮮半島と日本という問題について考えてほしい。在日朝鮮人のことについて読んでみてほしい。韓国では在日朝鮮人について自分の問題、韓国の問題としてとらえていない」

 

**********************************************************************************************

 

5人の著者のうち、熊野功英さんの9条護憲団体機関誌への寄稿が此方。 「連累」「悪行」「主体的」「知る」「真の行動」「真の日韓交流」…。 熊野君は韓国の歴史と同時に、日本の戦後史、それも60〜70年代に、君と類似した単語を多様した若者達が、日本と世界に一体何をしたのかを知った方が良い。

 

これはゼミの先生である加藤圭木准教授に嘘を吹き込まれてる典型やな。
この加藤圭木が寄稿したとされる「朝鮮幼稚園保護者連絡会」の文章を読んでみ?

>日本は過去に朝鮮を侵略・支配し、多くの朝鮮人
>日本に渡らざるを得ない状況に置いた。
>その結果、日本に住むことになった朝鮮の人たちが、
>自分たちがどういう存在なのか、自分たちのアイデンティティ
>学ぶ場が朝鮮学校だ。

こんなことを言ってる奴やで。一橋大学はこんなのを准教授で使うなよ。
学生にデタラメ吹き込んでんじゃんよ。

 

ゼミを主催している准教授がもう、ね…

**********************************************************************************************

加藤圭木 | 朝鮮幼稚園保護者連絡会 (youho-korea.com)

幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会

加藤圭木さん(一橋大学准教授)

 日本は過去に朝鮮を侵略・支配し、多くの朝鮮人を日本に渡らざるを得ない状況に置いた。その結果、日本に住むことになった朝鮮の人たちが、自分たちがどういう存在なのか、自分たちのアイデンティティを学ぶ場が朝鮮学校だ。
 日本は植民地期にも朝鮮半島教育機関を弾圧してきており、100年以上にわたって一貫して朝鮮の民族自主権を踏みにじってきたが、幼保無償化からの除外も同じく日本が行ってきた民族自主権の否定の一環であり、不当な差別だ。
 朝鮮人に対する権利の保障というのは、単に外国人の問題とは歴史的な文脈が違う部分がある。子どもの権利など、一般的な人権の問題として扱う方向も当然あるが、それだけだと問題の本質に届かない。根が深い問題だが、やはり問題の根幹を問わなければきちんとした権利保障になっていかない。高校無償化の時も同じだったが、日本の排外主義の問題の根本には、日本の植民地支配への反省の欠如がある。
 朝鮮侵略の問題について、日本では未だに反省が確立されていないのが現状だ。その原因の一つが、歴史に対する無知と無関心だ。知ったとしてもそれを自分の問題として考える意識が弱い。学校教育の場でもほとんど教えられていないし、言葉では植民地のことを知っていても、それがどういう人権侵害だったのか、想像力が及ばない。大学で教えながらそのことを強く感じる。
 朝鮮半島とは国家間の葛藤が起きているが、学生たちはそれを外交問題としてのみ認識していて、そこで人々の権利がどのように踏みにじられ、民族の尊厳が奪われたのかということを考えられていない。日本は、近代史から現代にかけての朝鮮に対する抑圧の歴史をしっかり踏まえた上での人権意識を形成する必要がある。「韓国併合」が人々の生命を脅かすことだったという認識がなくては、今日の日本における排外的状況がどのように作られているかが見えてこない。
 さかのぼってみると、朝鮮では植民地期から村レベルで民衆の教育施設を作るなど、民族教育を守るための闘争は広範に行われていた。そのような歴史の積み重ねの上に解放後から現在に至る在日朝鮮人の民族教育がある。日本の不当な侵略・差別に抗し、人間らしく生きる上でも民族教育が果たしている役割は大きい。
 「人権が尊重される社会を」と言葉では言うけれど、その際、日本が抑圧した民族を視野に入れないで語られることがある。これは日本の民主主義の課題だ。時間はかかるかもしれないが、日本と朝鮮半島の関係に関する歴史的文脈を知ることなしにはこの問題の根本的解決は成しえない。

**********************************************************************************************

 

個人的な好き嫌いはあっても歴史改変は許されませんよ

 

洗脳ですか⁉️

 

嘘を教えられて生きてきた君たちが哀れだ

 

日本の大学に通い,日本人の様な顔ですが、中身が日本人なのか定かでは無い。少し歴史を自分で調べれば全て分かりますよ。日本統治時代には、役人が毎年白書を出していますから、正確な状態を知る事が出来る,資料を自ら調べる,学問の初め。

 

白村江の戦いでは日本が百済を助けに行ったのに百済の王族が裏切ったこととか、元寇では海のないモンゴル軍に高麗が船を作ったり高麗軍もモンゴル軍と一緒に日本を攻めたことも。
この無知な奴らに教えたいことは山ほどある

 

なんで、こんな大学生ができるのか・・不思議
講師が、あっちの人?
親に聞けばいいのに‼️亡くなったけど、父は教えてくれたよ。すべての若者が、こんな考え方じゃないと思うから他人と議論すれば、間違いは見えるはず。
日本にとって最悪な若者。

 

こういうのって「韓国側の捏造を鵜呑みにしてるだけ」ですからね あきれたもんですよ

 

大学へ行って各国の資料や文献が勉強できるのに、何しに大学へ通っているのだろう 韓流ファンだろうが現実を知り己れを高める気は無いのか⁉️