トランプ大統領声明

2020年11月7日

私たちは誰もが次の2つの理由を知っています。
第一に、ジョー・バイデンが勝者を装うために急いでいる理由、
第二に彼の盟邦であるメディアが
彼を助けようと必死に努力する理由です。

彼らは真実が白日の下に晒されることを望まないのです。
単純な事実が指し示すことは、
この選挙はまだ終わっていないということです。
如何なる州においても、
ジョー・バイデンを勝者として認定していません。

言うまでもなく、強制執行によって
票の再集計をすべきだと強く争われている州、
または私たちの政治闘争の最終勝利者を決定する
可能性のある有効かつ合法的な法律上の
問題を抱えている州も同様です。

たとえば、ペンシルベニア州では、
法律で定められた監視員が開票作業を監視するための
意味ある行為が許可されていませんでした。
法律に基づいた選挙によって
誰が大統領であるかを決定するのであり、
ニュースメディアが決めるのではないのです。

さて、月曜日から私たちの政治闘争は、
裁判所に訴訟を提起することによって新たな局面が始まります。
公職選挙法が正しく守られ、
確実たる正当な勝者が大統領の椅子に座るべきだからです。
すべてのアメリカ国民には、誠実な選挙をする権利があります。
つまり、法律に基づいたすべての投票を集計し、
違法な投票を集計しないということです。

このことは、国民の皆様が選挙に対して
完全な信用を得る唯一の方法です。

バイデンの計略が公法に従うことを拒否し、
参政権が無いまたは既に死亡した者によって
不正投票がなされ、或いは偽造用紙で投票された場合でも
票として集計を望んでいることは、依然として衝撃的です。

不正行為の実行者たちは開票作業の監視を妨害しました。
即ち公正な選挙の執行を監視する人々が
集計作業の場から締め出されたことを法廷で戦います。

バイデンは一体何を隠しているのでしょうか? 
すべてのアメリカ国民が法律に基づき、
民主主義が求めるように投票を集計するまで、
私が立ち止まることはないでしょう!

 President Donald J. Trump
(原文)
https://www.donaldjtrump.com/media/
statement-from-president-donald-j.-trump

「トモダチ作戦…忘れることはないでしょう」宮中晩餐会での天皇陛下お言葉全文

2019.5.27 20:13

トランプ米大統領夫妻を歓迎する宮中晩餐(ばんさん)会での天皇陛下のお言葉の全文は次の通り。

 この度、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ閣下が、令夫人と共に、我が国を再び御訪問になりましたことを心から歓迎いたします。

 特に、私が皇位を継承してから最初の国賓として、今宵(こよい)、大統領御夫妻を晩餐会の席にお迎えすることができ、嬉(うれ)しく思います。

 我が国が、鎖国を終えて国際社会に足を踏み出したのは、今から百六十五年前の一八五四年に、貴国との間で日米和親条約を締結したことに始まります。それ以来、日米両国とその国民は、様々な困難を乗り越え、相互理解と信頼を育み、今や太平洋を隔てて接する極めて親しい隣国として、強い友情の絆(きずな)で結ばれております。特に近年、両国の関係が、政治や経済にとどまらず、芸術、文化、スポーツ、最先端技術など、幅広い分野で深みを増していることを、喜ばしく思います。また、日米両国が困難な時に互いに助け合える関係にあることは大変心強く、取り分け、八年前の東日本大震災の折に、二万人を超える貴国軍人が参加した「トモダチ作戦」を始め、貴国政府と貴国国民から、格別の温かい支援を頂いたことを、私たちは決して忘れることはないでしょう。

「トモダチ作戦…忘れることはないでしょう」宮中晩餐会での天皇陛下お言葉全文

2019.5.27 20:13

トランプ米大統領夫妻を歓迎する宮中晩餐(ばんさん)会での天皇陛下のお言葉の全文は次の通り。

 この度、アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ閣下が、令夫人と共に、我が国を再び御訪問になりましたことを心から歓迎いたします。

 特に、私が皇位を継承してから最初の国賓として、今宵(こよい)、大統領御夫妻を晩餐会の席にお迎えすることができ、嬉(うれ)しく思います。

 我が国が、鎖国を終えて国際社会に足を踏み出したのは、今から百六十五年前の一八五四年に、貴国との間で日米和親条約を締結したことに始まります。それ以来、日米両国とその国民は、様々な困難を乗り越え、相互理解と信頼を育み、今や太平洋を隔てて接する極めて親しい隣国として、強い友情の絆(きずな)で結ばれております。特に近年、両国の関係が、政治や経済にとどまらず、芸術、文化、スポーツ、最先端技術など、幅広い分野で深みを増していることを、喜ばしく思います。また、日米両国が困難な時に互いに助け合える関係にあることは大変心強く、取り分け、八年前の東日本大震災の折に、二万人を超える貴国軍人が参加した「トモダチ作戦」を始め、貴国政府と貴国国民から、格別の温かい支援を頂いたことを、私たちは決して忘れることはないでしょう。

トランプ米大統領から横田早紀江さんへ書簡 「不屈の決意に感動」

2020.7.1 13:42

昭和52年11月に北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、先月5日に87歳で亡くなった滋さんの妻、早紀江さん(84)宛てに7月1日、トランプ米大統領からお悔やみの書簡が届いたことが分かった。支援組織の「救う会」(西岡力会長)が明らかにした。

 書簡は英文で、「親愛なる横田早紀江様」との表題で始まり、「私と(妻の)メラニアは、滋さんがご逝去されたとの報に接し、悲しみに暮れています」と弔意を表明。2017年(平成29年)の訪日時に、早紀江さんら被害者家族と面会したことに触れ、「めぐみさんと再会し、すべての拉致被害者家族が愛する人の居場所について真実を知るべきであるとのあなた方の不屈の決意に、感動しました」とつづった。

 また、「早紀江さんと拓也さん哲也さんとともに、めぐみさんを必ずご自宅に連れて帰るという、この重要な任務を続けます」「早紀江さんと滋さんの弛まない活動によって、北朝鮮による拉致問題は日本と米国にとって優先課題であり続けています」とし、拉致解決に向け継続的に取り組む姿勢を鮮明に示した。

 最後は、「この悲しみに満ちた時期に横田家の皆さまへ祈りをささげます」と結んだ。

 早紀江さんも同日、同会を通じてトランプ氏へのコメントを公表。「このたびは、夫、滋の召天に際しまして、ご丁寧なお悔やみのお言葉を頂戴いたしまして誠にありがたく感謝申し上げます」と謝意を示し、「これからも娘を取り戻すために頑張って参ります。世界平和のため、お力添えいただきます様、お願い申し上げます」などと述べた。

 

バイデン 党より多い

ミシガン州やジョージア州でバイデンにだけ投票する「空票」が大量に発生|なぜ激戦州のみでバイデンの得票数が、同じ民主党の上院議員候補の得票数より格段に多いのか?
ミシガン州やジョージア州でバイデンにだけ投票する「空票」が大量に発生|なぜ激戦州のみでバイデンの得票数が、同じ民主党の上院議員候補の得票数より格段に多いのか? |
アメリカのほとんどの選挙において、大多数の票が「cast down the ticket(投票用紙の…
bonafidr.com
 
6
 
203
 
311
 
 
 
返信
 
 
 
 
okibix
 
@okibix
 
返信先: さん
興味深い
 
 
 
 
その他のツイート
 
 
 
 
門田隆将
 
@KadotaRyusho
 
バイデン当確に対し「単純な事実は選挙の終結が程遠いという事だ」とトランプ氏。謎の“史上最多投票”で米民主主義は大混迷。中国と敢然と闘い「日本の13歳の少女が連れ去られたんだぞ!」と世界に訴えてくれた初の米大統領を貶める日本のマスコミ。中国の浸透ぶりがよく分る。

民主党員から

 
 
 
西村幸祐
 
@kohyu1952
 
私は民主党員だがドナルド・トランプを支持する。私は自分の支持政党よりも国を大切に思う。… 我々は今、全ての合法的な投票が集計されるまで、そして正確にカウントされるまで戦うだろう – ジョージア州 「今回の選挙は不正操作されたと信じています」マイケル・バルテルミー
引用ツイート
ARIC CHEN
 
™️
 
@aricchen
·
"I'm a Democrat, but I support Donald Trump. I put my country before my party ... We will now fight until every legal ballot is counted, and counted accurately."— @RepVernonJones, (D) Georgia "I believe that this election was rigged."—Mykel Barthelemy
 
 
17
 
902
 
2,401
 
 
 
返信
 
 
 
 
吉野浩太
 
@BgbVd2CPSapTwXN
 
返信先: さん, さん
おー仲間からトランプを支持する人が現れてきましたか! 益々、この声は他の民主党員からも 出てくるだろう。

米ミシガン州選挙監視員が不正を告発 「突然、7千票が13万になった」

2020年11月08日 14時30分

f:id:superred:20201109192456p:plain

ミシガン州デトロイトにある「TCF郵便投票集計センター」の選挙監視員で中国系アメリカ人のシミッド(Schimidt)さんは、自身が目にした3日の夜から4日の早朝までの「不可解」な状況について語った(大紀元

ミシガン州デトロイトにある「TCF郵便投票集計センター」の選挙監視員で中国系アメリカ人のシミッド(Schimidt)さんは、自身が目にした3日の夜から4日の早朝までの「不可解」な状況について米ニューヨーク拠点の新唐人テレビに語った。

 米国は11月3日に大統領選挙を実施し、その翌日の4日にはミシガン州ウィスコンシン州アリゾナ州など、民主党が支配する激戦州で「不正スキャンダル」が明るみに出た。

 3日、ミシガン州デトロイト共和党選挙監視員のシミッドさんは投票を監視するため、郵便投票の処理を担当するデトロイトのTCFセンター(旧称Cobo Hall)の集計現場にいた。

 彼女は、「私がいる集計所では4日の午前5時前までに約7千票を集計したが、午前4時に新らしく入った1万6千票はまだ集計されていなかった。しかし驚いたことに、2時間後の午前7時に確認したら、同集計所は『その日の夜に13万票を集計した』と発表してた」と語った。

シミッドさんによると、「3日夜に集計された票は全部でせいぜい7千票ほどで、夜中12時頃に集計待ちの票はなかった」という。

 「しかし、4日の午前4時頃突然、投票用紙61箱を積んだバンがやってきて、同集計所の担当者は『さらに1万6千票が持ち込まれた』と当時発表していた。スタッフは仕事に取り掛かる準備をしていたが、これらの票は最後まで集計スタッフの手には渡らなかった」

 「集計所は午前5時に全員が会場から退出しなければならなかったため、全員その場を離れいったん帰宅した。しかし、7時頃に情報を確認したところ、自分たちの集計所は『13万票を集計した』と発表していた」

 シミッドさんは、「そんなことはあり得ない」と指摘した。

 「一晩かけて、やっと7千票を集計したのに、あんな短時間で一度に13万票も集計するなど、たとえ1分間に50票を集計できたとしても、この数字にはとても届かない、無理だ。一般の人は知らないだろうけど、われわれ現場にいた人であれば、誰でもわかることだ。ここには大きな問題があるに違いない」

 ミシガン州の法律によると、郵便投票でもその日の夜8時に投票所は閉鎖される。

シミッドさんは、「午後8時に閉鎖され、中盤には全く票が出てこなかったというのに、どうして突然朝の4時になってこんなにたくさんの票が出てくるのか、しかも全部デトロイトの票だ。車ですぐにここへ届けられるでしょう」と困惑した様子だった。

TCF集計所はホワイトボードを使ってガラス窓を覆い、外部による監視を妨害した

そして、FOXニュースのマット・フィン(Matt Finn)プロデューサーも11月4日、「ホワイトボードを使ってガラス窓を覆い、外部の人々が集計エリア内の状況を観察するのを妨害しているようだ」と同TCF集計所の「不思議」な行動についてツイートした。

 フィン氏は「ガラス窓を覆うという行為は、同センターの仕事に透明性が欠如することを意味する、つまりこの中で不正行為が行われた可能性がある」と指摘した。

「統計上の過失」か?それとも「人的要因」か?

シミッドさんは、「聞いた話では、ミシガン州シャワッシー郡(Shiawassee County)では1万5千票を15万票としてカウントされた」と語った。

 その結果、バイデン氏は突然、実際の得票数よりも13万8339票多く獲得した。

 のちに、ニューヨーク・タイムズ紙は、「ミシガン州の小さな郡の書記官による単純なタイプミスは約30分で発見され、修正された」とし、「実際、バイデン氏は誤集計された13万8339票を得ていない」と報じた。

 しかし、別の謎はまだ未解決のままだ。

ミシガン州が「バイデン氏が3万票以上の差をつけて勝利した」と発表したことを受け、共和党全国委員会のオレゴン州委員のソロモン・ユエ(Solomon Yue)氏と多くのネットユーザーは同州ウェブサイトのリアルタイムの開票更新情報をシェアし、物議を醸した。

同ウェブサイトの情報では、現地時間の11月4日の午後11時20分までに州内の83郡のうち81郡が集計を完了し、トランプ氏の得票数は237万票(51.07%)を超え、バイデン氏の220万票(47.35%)よりも17万票も多く獲得していたことを示していた。

「それなのに、なぜ最終的にはバイデン氏のほうが3万票も多かったのか」

トランプチームは「ミシガン州での集計作業の即時停止」を求め、訴訟を起こしたが、同州裁判官によって却下された。

 トランプ氏は「最終的には最高裁で決定される」と述べた。

 大紀元日本ウェブ編集部)